作品詳細・レビュー一覧

レビューの追加やアルバム情報、曲情報などを追加・編集できます。レビュー求む!! [戻る]

† 作品詳細情報 † レビュー一覧 (1)

ドイツ  (1997)
Sicko Baby And More Babies
/ Mucupurulent

Mucupurulent

rendering mode : -

MOVIE



※ Youtubeリンクは自動検索の為、閲覧できなかったり異なる動画が表示される場合があります。
※ また各種情報編集で英語登録するとヒットしやすくなります。

    DISC1

  •  1. Intro - Lacerated Tits
  •  2. Cybersex Deliria
  •  3. Scrotal Hernia
  •  4. Oral Sex Masturbation
  •  5. Mangled to the Gore
  •  6. Pussy Berzerker
  •  7. Suborbital Ejaculation
  •  8. Abhorrent Dissection
  •  9. Splattering Nirvana
  •  10. Vaginal Cancer
  •  11. Gays Errection
  •  12. Cumshot Messiah
  •  13. Stainless Spoon
  •  14. Corroded Testicles
  •  15. Splatter Whore
  •  16. Fistfucked Barby
  •  17. Spermsoaked Bitch Consumer
  •  18. Pierced By A Driller
  •  19. Extra Uterine Pregnancy
  •  20. Urethral Discharge
  •  21. Outro
  •  22. Corroded Testicles
  •  23. Strangled Bitch
  •  24. Rectovesical Pouch Of Peritoneum
  •  25. Spermsoaked Bitch Consumer
  •  26. Vaginal Cancer
  •  27. Lacerated Tits
  •  28. Anal Intruder
  •  29. Orific Of Urethra
  •  30. Cavity Of The Cervix
  •  31. Infundibulo
  •  32. Pelvic Ligament
  •  33. Oral Sex Masturbation
  •  34. Stainless Spoon
  •  35. Fotzenkrebs
  •  36. Pussy Berserker
  •  37. Effortless Regurgitation Of Bright Red Blood (Disgorging Foetus - Regurgitate Cover)
  •  38. Gay's Errection (Demo Unreleased)
  •  39. Splatter Whore (Demo Unreleased)
  •  40. Raw, Brutal, Rough and Bloody" (Unreleased - Recorded In 1997 For A Deleted GG Allin Tribute Album)

MEMBER

  • Serafino Scavo:ギター
  • GrindMasterFlash:ギター ボーカル
  • Ralph Gläser:ドラム ボーカル



 845
 
 グラインドコア
 グラインドコア,R&R,ゴア
  -
Check

  • Currently 3.5/5 Stars.
† レビュー一覧 (1) † 作品詳細情報
No.1 Date:2012/08/10 00:07:43

投稿者:みたまん 
オススメの曲 >> Gay's Errection 
  • Currently 3.5/5 Stars.
(5)

1995年結成のドイツ産ゴアグラインドの1stアルバムの再発盤です
ドイツ産で結成が90年代の半ば、と言う事でこのグループは
かのGutのフォロワーの中でも最右翼であると思われるグループです。

冒頭からリップ音たっぷりのポルノなSE(しかもほのかに聞こえてくる喘ぎが日本語)が聞こえ、
其処からミドルパート中心の演奏が繰り広げられていきます。
ボーカルは甲高いアホ声にゴボゴボの低音ゴアボーカルのデュアルスタイル、

ギターは沈み込むような低音を掻き鳴らしつつも、
時折りBlood DusterやドイツのDeadのような
ロックらしいノリの良い要素が僅かに混ざってきます。

ドラムはGutの1stに比べて非常にリズムの跳ね返りが良く、
リズム感の良さを感じさせます。ギターの時折りロックらしくなるリフと相まって
演奏がややロックらしくなる部分もあったりします。

曲名の意味も酷い有様です。
『傷ついた乳首』や『腐食したキ×タマ』『オマ×コ戦士』なんて序の口。
『フィスト×ァックされたバービー人形』『メシアの射精』なんてタイトルもあります。
歌詞に至ってはひたすら
『なんてこった!ソーセージが口の中に!』や
『野郎の勃起!』とひたすら言い続けるだけの物まであったり。

後半22曲目以降のデモ・未発表音源になると音質の若干の低下も相まって
曲の下品さに更なる拍車がかかります。ここからは正にGutとも言える音世界。
と言うより当時使用したスタジオがどうやら同じスタジオであったらしく、
そうした事も影響しているのでしょう。

中にはNirvanaのSmells Like Teen Spiritのイントロから一気に
ドラムロール炸裂のお下劣ショートカットナンバーに突入したり、
曲の冒頭の中には完全に日本のAVから取ったと思われるSEもあり、
その後に流れる間抜けな音と相まって苦笑いする事必至。
っつーか何なんですか、光を放ち給えって…

特に28曲目から32曲目までの勢いは正に怒涛の如く。
Gutが好きならぜひ聞いてみて頂きたいものです。

そのお馬鹿お下品極まる内容は正にGutの申し子とも言うべき内容。
ドイツの真面目と言われる国民性に対する一種の抑圧の中から生まれた
カウンターカルチャーとも言うべき様相が繰り広げられています。

アルバム終盤にはRegurgitateとG.G. Allinのカバーが収録されております。
カバー内容まで隙の無いのその内容はまさしくGutの1stに次ぐジャーマン・ポルノゴアの名盤でしょう。

関連メタ録
 納涼!!ゴアグラインド祭り!!+@


名前:   

Facebook


ページトップへ
レビューを書く

Advertising


メタルポート MENU

Copyright (C) Metalport All Rights Reserved.