作品詳細・レビュー一覧

レビューの追加やアルバム情報、曲情報などを追加・編集できます。レビュー求む!! [戻る]

† 作品詳細情報 † レビュー一覧 (2)

アンドラ  (2010-02-01)
Shin-Ken
/ Persefone

Persefone

rendering mode : -

MOVIE



※ Youtubeリンクは自動検索の為、閲覧できなかったり異なる動画が表示される場合があります。
※ また各種情報編集で英語登録するとヒットしやすくなります。

    DISC1

  •  1. The Ground Book (Intro)
  •  2. Fall to Rise
  •  3. Death Before Dishonour
  •  4. The Water Book
  •  5. The Endless Path
  •  6. The Wind Book
  •  7. Purity
  •  8. Rage Stained Blade
  •  9. The Fire Book
  •  10. Kusanagi
  •  11. Shin-Ken Part 1
  •  12. Shin-Ken part 2
  •  13. The Void Book
  •  14. Japanese Poem
  •  15. Sword of The Warrior (Cacophony cover)

MEMBER

メンバー情報無し(編集画面へ)



 81
 プログレッシブデス三味線 怪しい日本語 シンフォ プログレッシブ デス アンドラ
 メロデス
 
 http://www.persefone.com/
Check

  • Currently 3.5/5 Stars.
† レビュー一覧 (2) † 作品詳細情報
No.1 Date:2011/02/15 04:34:54

投稿者:kametal (Web Site)
オススメの曲 >> Fall To Rise 
  • Currently 3.5/5 Stars.
(4)

アンドラ公国(どこ?)のプログレッシブなメロデスバンドの3rd。
コンセプトが宮本武蔵の五輪書モチーフの"サムライの死生観"。
三味線など随所に取り入れ日本的な哀愁が漂う出だし、そこにギャリッとしたギターとデスヴォイスが切り込むあたりが気持ちいい。バッキングに三味線が入る部分は津軽三味線のような荒々しさを感じ、これも良し。
14.Japanese Poemは奄美出身の朝崎郁恵、とのこと。

No.2 Date:2011/05/11 16:47:16

投稿者:8823 
オススメの曲 >> Rage Stained Blade 
  • Currently 3.5/5 Stars.
(4)

スペインとフランスの間、ピレネー山脈に位置する小国 アンドラ公国出身のバンドが2008年に発表した3rd。
OpethやDream Theaterからの影響を感じさせる、シンフォニックプログレッシブデスメタルとも言うべき独特の音楽性を持っている。
本作はなんと宮本武蔵の五輪の書をモチーフに「侍の死生観」をテーマにしたコンセプトアルバムになっている(何故に侍なのかという疑問は感じないでもない。地理的条件からして、アンドラにも歴史的・宗教的に魅力のあるテーマがあると思うのだが…)。
しかし、曲や音作りには和の要素が多分に感じられる(12曲目 Japanese Poem では奄美島唄歌手の朝崎郁恵さんも参加)し、演奏のレベルも非常に高い。
発売直後に日本盤販売元が倒産。廃盤となってしまっているのが惜しまれる。
名前:   

Facebook


ページトップへ
レビューを書く

Advertising


メタルポート MENU

Copyright (C) Metalport All Rights Reserved.