作品詳細・レビュー一覧

レビューの追加やアルバム情報、曲情報などを追加・編集できます。レビュー求む!! [戻る]

† 作品詳細情報 † レビュー一覧 (1)

ギリシャ  (1997)
Ophidian Wheel
/ Septicflesh (Septic Flesh)

Septicflesh (Septic Flesh)

rendering mode : -

MOVIE



※ Youtubeリンクは自動検索の為、閲覧できなかったり異なる動画が表示される場合があります。
※ また各種情報編集で英語登録するとヒットしやすくなります。

    DISC1

  •  1. The Future Belongs to the Brave
  •  2. The Ophidian Wheel
  •  3. Phallic Litanies
  •  4. Razor Blades of Guilt
  •  5. Tartarus
  •  6. On the Topmost Step of the Earth
  •  7. Microcosmos
  •  8. Geometry in Static
  •  9. Shamanic Rite
  •  10. Heaven Below
  •  11. Enchantment

MEMBER

  • Spiros Antoniou:ベース/ボーカル(グロウル)
  • Sotiris Vagenas:ギター/ボーカル(クリーン)/キーボード
  • Christos Antoniou:ギター/キーボード
  • Natalie Rassoulis:ボーカル(ソプラノ)



 696
 
 デスメタル
 メロデス,ゴシック/メランコリック,アトモスフェリック,シアトリカル,エキゾチック/オリエンタル,ミステリアス,メロディック
 http://www.septicflesh.com/
Check

  • Currently 3.5/5 Stars.
† レビュー一覧 (1) † 作品詳細情報
No.1 Date:2011/10/27 18:21:16

投稿者:Metal_Y 
オススメの曲 >> The Ophidian Wheel  
  • Currently 3.5/5 Stars.
(5)

ギリシャのミスティック・デスメタルバンド、Septic Fleshが1997年にリリースした3rdアルバム。

「ドリーミィ・アトモスフェリック・デスメタル」なる音で知られた彼らだが、本作は、正にその全盛期にリリースされた内の一枚で、他の作品同様、独特のギターメロディが冴える作品だ。

ただ、ギターメロディは大事にしつつも前作と比べて若干の方向性の変化が見られる。
まず、音作りという点では、音質の向上が認められ、ノイジーな部分は引っ込み、メロディがより分かりやすくなった。
そして、女性のソプラノ・ボーカルが加えられ、よりシアトリカルな音楽へと変化している。
よってデスメタル色は薄くなっており、メロディアスでアトモスフェリックな音像が強調された作風だ。

上記の点は好みが分かれるだろうが、そのメロディは前作同様極めて充実しており、再びあの神秘と異教感溢れる世界観を楽しむ事ができる。そして、それはアートワークで描かれているような、ある種、宇宙の神秘に対する恐れを描いたコズミック・ホラー的な世界観でもある。

お薦めの曲は、シアトリカルな要素も挟みつつメロディが印象的な#1や、正統派的なエッセンスを感じる#2辺りだが、印象的なギターメロディがどの曲にも配されているため、最後まで飽きずに聴く事ができる。またデス色も完全に失われた訳ではなく、ボーカルもあくまで男声のグロウルがメインであり、一部の曲はデス色を色濃く残している。

本作は、前作よりも更に挑戦的な試みを加えた作品だが、それは実に上手く組み込まれ、間違いなく成功と言えるものだ。
彼らの描く世界は、毒毒しいが美しい「異端の美」であり、やはりそれは彼らを通してしか聴く事ができないものであるように思う。

なお、現在は廃盤で新品を購入することは難しいが、よくヤフオクに出回っているため意外に手に入りやすい。
一言[1] 投稿者:arc Date:2011/10/29 01:34:34
ギリシャなんですね、たしかにいい所でメロディいれてきますね!
一言[2] 投稿者:arc Date:2011/10/29 01:35:22
ジャケットクリックしてAmazon見たら価格にびっくり・・・
一言[3] 投稿者:みたまん Date:2011/10/29 01:59:08
酷いプレミア価格ですね...。
一言[4] 投稿者:Metal_Y Date:2011/10/31 21:18:06
安く手に入れるにはヤフオクでねばるしかないですね。とりあえずは手に入りやすい新作と前作を聴かれることをお薦めします。
一言[5] 投稿者:みたまん Date:2011/10/31 21:34:23
もしくは中古を運良く見つける事ですかね...
一言[6] 投稿者:kametal Date:2011/11/05 01:25:39
アートワークと印象と相まって独特の神秘性がありますね。中古で国内盤見つけました。
名前:   

Facebook


ページトップへ
レビューを書く

Advertising


メタルポート MENU

Copyright (C) Metalport All Rights Reserved.