作品詳細・レビュー一覧

レビューの追加やアルバム情報、曲情報などを追加・編集できます。レビュー求む!! [戻る]

† 作品詳細情報 † レビュー一覧 (1)

日本  (1986)
Alienation
/ Ybo2

Ybo2

rendering mode : -

MOVIE



※ Youtubeリンクは自動検索の為、閲覧できなかったり異なる動画が表示される場合があります。
※ また各種情報編集で英語登録するとヒットしやすくなります。

    DISC1

  •  1. America
  •  2. 猟奇歌
  •  3. Boys Be Bedlam
  •  4. To Be (帝国の逆襲)
  •  5. Heavy Waters
  •  6. Ural

MEMBER

  • 北村昌士:ベース ボーカル メロトロン
  • KK Null:ギター
  • 吉田達也:ドラム パーカッション ピアノ



 695
 Zeuhl
 プログレッシブ
 パンク/ハードコア,エレクトロ/ニューウェイヴ,アヴァンギャルド/エクスペリメンタル,ノイズ
  -
Check

  • Currently 3.5/5 Stars.
† レビュー一覧 (1) † 作品詳細情報
No.1 Date:2011/10/26 18:24:34

投稿者:みたまん 
オススメの曲 >> Heavy Waters 
  • Currently 3.5/5 Stars.
(5)

国産アヴァンギャルド/ニューウェーブ/ノイズロックの
グループであったYbo2(イボイボ)の1stアルバムです。
リリース年は1986年と、日本におけるインディーズロックの機運が
総じて高まりを見せていた時期です。

音の内容は一言で言えば混沌としたごった煮です。
パンクを通過したニューウェーブから70年代末より80年代中頃にかけて
当時のニューヨークやイギリスで起こっていたノーウェーブ、

60年代に隆盛を見せたサイケデリックロックやMagmaやThis Heatを思わせる楽曲の反復、
後のスラッジコアにも通じる当時のBlack Flagの2枚目のアルバムの終盤3曲を思わせるヘヴィーな
音色等がグチャグチャになって癒着しています。
そんな中でも叙情的な音色や暗鬱な音色が顔を出したりと、まさに音のガラパゴス。
また、そうした楽曲を奏でる演奏陣もまた強烈。

ディストーションギターとギターノイズの境界線を綱渡りする音色のギターを
掻きむしるように鳴らすのはZeni Gevaで活躍する岸野一之ことKK Null。

そのノイジーなギターに野太く歪んだベースで曲に猛烈な質量を与えるのは
Fools Mateの初代編集長、北村昌士。

そうして出来上がった混沌とした音像に暴力的なヒット音を変拍子と共に響かせるのは
Ruinsやあぶらだこ、是巨人や大文字等、日本アヴァンギャルドロックシーンの
今や重鎮として今も世界を跨いで精力的に活動するドラマー、吉田達也。

これら三人が組んず解れつ取っ組み合いつつ楽曲を組み立てていきます。
極端と極端がぶつかり合った末にとんでもなく危ういバランスで成り立っている
強烈極まりないアルバムです。

一言[1] 投稿者:(名無し) Date:2012/02/12 02:55:53
えらい強烈な音ですねぇ...
名前:   

Facebook


ページトップへ
レビューを書く

Advertising


メタルポート MENU

Copyright (C) Metalport All Rights Reserved.