作品詳細・レビュー一覧

レビューの追加やアルバム情報、曲情報などを追加・編集できます。レビュー求む!! [戻る]

† 作品詳細情報 † レビュー一覧 (1)

フランス  (2010-09-15)
No God No Satan (Dig)
/ Otargos

Otargos

rendering mode : -

MOVIE



※ Youtubeリンクは自動検索の為、閲覧できなかったり異なる動画が表示される場合があります。
※ また各種情報編集で英語登録するとヒットしやすくなります。

    DISC1

  •  1. Hoax-Virus-God
  •  2. Cloning the Divine
  •  3. Worship Industrialized
  •  4. Hexameron
  •  5. I, Flesh of God
  •  6. Origin
  •  7. Cuius vis hominis est errare
  •  8. I, Blood of Satan
  •  9. XXI (The Pathological Mass)
  •  10. The Hulk of Conviction and Faith

MEMBER

  • Dagoth:ギター/ボーカル
  • Astaroth:ギター
  • XXX:ベース
  • Thyr:ドラム



 648
 
 ブラックメタル
 スラッシュ,ミステリアス
 http://www.myspace.com/otargos

その他のSHOP一覧を表示

Check

  • Currently 3.5/5 Stars.
† レビュー一覧 (1) † 作品詳細情報
No.1 Date:2011/09/26 23:45:57

投稿者:Metal_Y 
オススメの曲 >> Worship Industrialized 
  • Currently 3.5/5 Stars.
(4)

フランスのブラックメタルバンド、Otargosが2010年にリリースした4thアルバム。

不気味ながら深いテーマを感じさせるジャケットと、同じく深いタイトルが印象的な作品だが、音の方も期待どおりと言ってよい。

その音は、正しくブラックメタルと言えるであろう、邪悪な瘴気を延々と放出するかのような純粋に黒々とした禍々しい音像で、おぞましい声を聴かせるボーカルといい、不気味な音色を奏でるギターといい、どれをとっても点数は高い。
ただ、宗教色濃厚でインテリジェンスな暗黒の世界観は、いかにもフレンチ・ブラックらしい特徴であり、Deathspell Omega等と同じく、聴く者をその世界にずるずると引きずりこんでいくかのような音だ。
しかし、それらと比べて多少なりとも違うのは、リフやヘヴィネスが若干前に出ているという点で、端的に言ってしまえば、スラッシュメタルの要素を含んでいる。ゆえに、不穏でジメジメした中にも所々で刻むリフが配され、しっかりとエクストリーム・メタルとしての基本も押さえている。
しかし、音作りはスラッシュメタルのガチッとした音ではなく、この手のバンドらしい暗さを強調した低音が印象的な音で、この点は好みが分かれるが、この世界観にはこの音がベストと思う。

一曲一曲の質も高く、地獄の門が開き悪魔が登場するかのような強烈なイントロが印象的なファストナンバーの#3や、破壊的なミドルパート、おぞましい疾走等、様々な顔を見せる大作の#7等、強力な楽曲が揃っている。

攻撃的ながら、宗教色も孕んだブラックメタルを、緩急ある展開で聴かせる邪悪で荒涼な傑作。
案の定、初心者向けではないが、メタルレーベル大手のSeason of Mist所属という事もあり、音質も良いし手に入りやすい。
名前:   

Facebook


ページトップへ
レビューを書く

Advertising


メタルポート MENU

Copyright (C) Metalport All Rights Reserved.