作品詳細・レビュー一覧

レビューの追加やアルバム情報、曲情報などを追加・編集できます。レビュー求む!! [戻る]

† 作品詳細情報 † レビュー一覧 (1)

ノルウェー  (1997-03-03)
Nattens Madrigal - Aatte Hymne til Ulven i Manden
/ Ulver

Ulver

rendering mode : -

MOVIE



※ Youtubeリンクは自動検索の為、閲覧できなかったり異なる動画が表示される場合があります。
※ また各種情報編集で英語登録するとヒットしやすくなります。

    DISC1

  •  1. Hymn I - Wolf And Fear
  •  2. Hymn II - Wolf And the Devil
  •  3. Hymn III - Wolf And Hatred
  •  4. Hymn IV - Wolf And Man
  •  5. Hymn V - Wolf And the Moon
  •  6. Hymn VI - Wolf And Passion
  •  7. Hymn VII - Wolf And Destiny
  •  8. Hymn VIII - Wolf And The Night

MEMBER

  • Garm:ボーカル
  • Aismal:ギター
  • Haavard:ギター
  • Skoll:ベース
  • AiwarikiaR:ドラム



 535
 
 ブラックメタル
 ブラックメタル,ノイズ,プリミティヴ,メロディック
  -
Check

  • Currently 3.5/5 Stars.
† レビュー一覧 (1) † 作品詳細情報
No.1 Date:2011/07/28 13:56:29

投稿者:みたまん 
オススメの曲 >> Hymn II - Wolf And The Devil 
  • Currently 3.5/5 Stars.
(5)

ノルウェーの天才集団Ulverの現時点でのブラックメタルとしての最終作、3枚目のアルバムになります。
1stでフォーク/ブラック、2ndで純粋なフォーク、そしてこの3rdで提示した音楽は
殆ど一切の容赦のない強烈なプリミティブブラックメタルでした。

鼓膜を容赦なく刺激する程ギターの質感はジリジリとささくれ立っています。
あまり大音量で聴きすぎると本当に耳を痛めかねない程のかなり刺激的なタイプの音です。
Darkthroneの三部作とは全く異なる音質でプリミティブブラックを表現しています。

しかし、やはりこのグループのメロディーセンスは
こうした極悪なプリミティブブラックの暴風の中にあっても極めて強い印象を残します。
とにかく随所に泣きのメロディが散りばめられています。

ある程度具体的に挙げると、2曲目の冒頭や3曲目の1:38秒過ぎのパート、
8曲目の冒頭は特に強烈に泣きを感じます。合間にアコースティックギターやピアノも
ごく僅かに入るのですが本当にそれらは僅かで、基本は強烈に歪んだギターとボーカルです。
また、ベースも旋律を弾いているらしく、耳を澄ますとしっかりと泣きのベースを弾いているのが解ります。

また、楽曲の合間合間が不気味なアンビエントパートで繋がっており、
コンセプト的と言うか、8曲で一つの楽曲と言う意識も感じます。

他のプリミティブブラックには無い美しさとはかなさを感じる事の出来る
極めて希有なプリミティブブラックの大名盤です。

名前:   

Facebook


ページトップへ
レビューを書く

Advertising


メタルポート MENU

Copyright (C) Metalport All Rights Reserved.