作品詳細・レビュー一覧

レビューの追加やアルバム情報、曲情報などを追加・編集できます。レビュー求む!! [戻る]

† 作品詳細情報 † レビュー一覧 (1)

ギリシャ  (2008-03-17)
Communion
/ Septicflesh (Septic Flesh)

Septicflesh (Septic Flesh)

rendering mode : -

MOVIE



※ Youtubeリンクは自動検索の為、閲覧できなかったり異なる動画が表示される場合があります。
※ また各種情報編集で英語登録するとヒットしやすくなります。

    DISC1

  •  1. Lovecraft'S Death
  •  2. Anubis
  •  3. Communion
  •  4. Babel'S Gate
  •  5. We, The Gods
  •  6. Sunlight / Moonlight
  •  7. Persepolis
  •  8. Sangreal
  •  9. Narcissus

MEMBER

  • Spiros Antoniou:ベース/ボーカル(グロウル)
  • Christos Antoniou:ギター/サンプル
  • Sotiris Vayenas:ギター/ボーカル(クリーン)
  • Fotis Benardo:ドラム



 461
 神秘的 エジプト神話 クトゥルフ神話 アトモスフェリック・デスメタル シンフォニック・デスメタル
 メロデス
 シンフォニック,ゴシック/メランコリック,アトモスフェリック,エキゾチック/オリエンタル,ミステリアス,メロディック
 http://www.septicflesh.com/

その他のSHOP一覧を表示

Check

  • Currently 3.5/5 Stars.
† レビュー一覧 (1) † 作品詳細情報
No.1 Date:2011/06/30 21:02:07

投稿者:Metal_Y 
オススメの曲 >> Communion 
  • Currently 3.5/5 Stars.
(5)

ギリシャのミスティック・デスメタルの重鎮、Septicfleshが2008年にリリースした7thアルバム。

2003年の前作リリース後、惜しまれつつも解散に至った「Septic Flesh」だったが、2007年に「Septicflesh」として再結成を果たした。その1年後にリリースされたのが本作だ。

その重量感を持ってして叩き切らんばかりの強靭なヘヴィネスと、大仰だが暗黒性を持った重厚なシンフォニーが、極めて高いレベルでの融合に成功しており、そのカタルシスは他に類を見ないものとなっている。
それに、強烈だが威厳さもあるグロウルが伴い、ハイ・ミドルを巧みに使い分けるメリハリある構成で持ってスリリングに展開していく。
また、決してガンガンと前には出ないが、妖しげなギターメロディとクリーンでの朗唱によるアトモスフェリックな響きが、本作の神秘的音像を更に強力なものとしている点に芸の細かさを感じる。
それが、決して本作が「行き当たりばったり」でできた作品ではないことを証明しており、凶暴なアグレッションの中にも緻密さを感じる所以でもある。

収録された9曲全てが珠玉の楽曲と言ってもよいほど気に入っているが、あえてお薦めするならば、イントロからアグレッションとシンフォニーを一気に前に出しインパクト抜群な#3だろうか。
また、本作では珍しくギターメロディが主体となったラストの#9も中期の彼らを彷彿とさせるもので興味深い。

本作は、デスメタル色が前面に出て、それを独特で妖しげなメロディとアトモスフィアが彩るというスタイルの作品で、彼らの作品としては決してメロディアスな部類には入らない。しかし、それゆえに本作が飛び抜けて印象的な大傑作に仕上がったように思う。
彼らの作品に触れる際はこの作品から入る事をお薦めしたい。
一言[1] 投稿者:kametal Date:2011/07/05 01:16:56
1枚目にコレ買ったがホントに良い作品。次はA Fallen Temple買ってみるかな
一言[2] 投稿者:Metal_Y Date:2011/07/05 10:11:25
A Fallen Templeも名盤なので是非!ギターメロ有、デス有、女声有の中期の集大成的作品です。
名前:   

Facebook


ページトップへ
レビューを書く

Advertising


メタルポート MENU

Copyright (C) Metalport All Rights Reserved.