作品詳細・レビュー一覧

レビューの追加やアルバム情報、曲情報などを追加・編集できます。レビュー求む!! [戻る]

† 作品詳細情報 † レビュー一覧 (1)

アメリカ合衆国  (2008-09-12)
デス・マグネティック~ストロング・エディション
/ メタリカ

メタリカ

rendering mode : -

MOVIE



※ Youtubeリンクは自動検索の為、閲覧できなかったり異なる動画が表示される場合があります。
※ また各種情報編集で英語登録するとヒットしやすくなります。

    DISC1

  •  1. ザット・ワズ・ジャスト・ユア・ライフ
  •  2. ジ・エンド・オブ・ザ・ライン
  •  3. ブロークン、ビート&スカード
  •  4. ザ・デイ・ザット・ネヴァー・カムズ
  •  5. オール・ナイトメア・ロング
  •  6. サイアナイド
  •  7. ジ・アンフォーギヴンIII
  •  8. ザ・ジューダス・キッス
  •  9. スイサイド&リデンプション
  •  10. マイ・アポカリプス

MEMBER

メンバー情報無し(編集画面へ)



 350
 スラッシュ BIG4 アメリカ
 スラッシュ
 
  -
Check

  • Currently 3.5/5 Stars.
† レビュー一覧 (1) † 作品詳細情報
No.1 Date:2011/05/30 16:49:55

投稿者:8823 
オススメの曲 >> All Nightmare Long 
  • Currently 3.5/5 Stars.
(4)

2008年発表の9th。
ジャンルを代表するバンドの宿命として賛否両論の評価を受けたが、このバンドのシーンへの影響力が依然として大きい事を改めて証明する作品となった。
(自分は 90年代後半頃からメタル離れを起こしていたブランク持ちメタラーだったが、この作品が復帰の決め手になった)

Metallicaはその活動の中で常に変化を続けてきたバンドであり、一つのアルバムのみを取り上げてその本質を語る事はなかなか難しい。
このアルバムもまた、ブラックアルバム以降で特に大きく変化してきた音楽性を、もう一度初期のそれに近づけようと試みた流れの中から生まれた作品である。

ディティールにフォーカスしてその回帰の内容を語るならば、ブラックアルバム以降は半音下げていたチューニングが基本的にレギュラーチューニングに戻されていて、St.Angerでオミットされていたギターソロも復活している。
また、ギターリフオリエンテッドな曲展開や Ride The LightningからJusticeまでのアルバムが持っていたアルバム構成の様式美に従った曲順からも、初期作品への意識を感じ取る事ができる。
さらにビジュアル面では Loadの時から変わっていたバンドロゴが再び従来の物に近いデザインに改められた。

曲単位で言うと、リフワークがBlackendを思わせるThat Was Just Your Life、バラード調の前半から激情の後半への展開がOneを思わせるThe Day That Never Comesなどから Justiceアルバムを想起させる手触りを感じた人が多いと思う。
中盤のアクセントになっているCyanideのグルーヴ感は、本作から本格的に参加したロバート・トゥルージロが持ち込んだものではないだろうか。

以上のように、単純にスラッシュメタルに回帰したわけではなく、スラッシーな要素は持ちつつもブラックアルバム以降に通過した道をもまた感じさせるサウンドになっている。
アルバムのハイライトチューンに推す人も多く後にシングルカットされたAll Nightmare Longがドロップチューニングであるという事実も、一筋縄ではいかないこのバンドをよく表している気がする。
名前:   

Facebook


ページトップへ
レビューを書く

Advertising


メタルポート MENU

Copyright (C) Metalport All Rights Reserved.