作品詳細・レビュー一覧

レビューの追加やアルバム情報、曲情報などを追加・編集できます。レビュー求む!! [戻る]

† 作品詳細情報 † レビュー一覧 (1)

アメリカ合衆国  (2010-03-09)
Can't Slow Down
/ Foreigner

Foreigner

rendering mode : -

MOVIE



※ Youtubeリンクは自動検索の為、閲覧できなかったり異なる動画が表示される場合があります。
※ また各種情報編集で英語登録するとヒットしやすくなります。

    DISC1

  •  1. Can't Slow Down 
  •  2. In Pieces 
  •  3. When It Comes To Love 
  •  4. Living In A Dream 
  •  5. I Can't Give Up 
  •  6. Ready 
  •  7. Give Me A Sign 
  •  8. I'll Be Home Tonight 
  •  9. Too Late 
  •  10. Lonely 
  •  11. As Long As I Live 
  •  12. Angel Tonight 
  •  13. Fool For You Anyway
  •  14. At War With The World(Live Bonus Track) 
  •  15. Headknoker (Live Bonus Track)
  • DISC2

  •  1. Head Games
  •  2. Cold As Ice
  •  3. Waiting For A Girl Like You
  •  4. That Was Yesterday
  •  5. Blue Morning
  •  6. Dirty White Boy
  •  7. Starride
  •  8. Feels Like The First Time
  •  9. Urgent
  •  10. Juke Box Hero - Whole Lotta Love
  •  11. I Want To Know What Love Is
  •  12. Hot Blooded

MEMBER

メンバー情報無し(編集画面へ)



 268
 
 ハードロック
 
  -
Check

  • Currently 3.5/5 Stars.
† レビュー一覧 (1) † 作品詳細情報
No.1 Date:2011/05/12 00:15:14
投稿者:lapin 
オススメの曲 >> When It Comes To Love 
  • Currently 3.5/5 Stars.
(5)

91年に「Unusual Heat」で Johnny Edwards がシンガーとして参加したことが
ありました。多分酷評されていたと思います。Johnny の声質は Lou Gramm の
ようにウェットで力強く、後任としての仕事は申し分ないと思うのですが、
如何せん楽曲に魂が抜けていたように思えます。結局大失敗作とされてしまった
わけですが(それでもそんなには悪くないけど)、これは歌い手のせいでは
ないと思ってます。

そしてこれは Kelly が加入して最初のアルバム(そして15年ぶの新作!)。
Kelly はドライで太い声質の持ち主で、Lou Gramm とは似つかない声を
披露しています。歌いまわしは明らかに Lou Gramm を意識しているのでは・・・?
と思われる箇所は随所に見られますが・・・どちらにしてオープニングの
"Can't Slow Down" から彼の声は違和感なく入り込んでます。昔からの
ファンは1曲目を聴いて Foreigner の新作として違和感を持たないでしょう。
また往年以上に力強い演奏に驚くと思います。

80年代中期以降のキーボードを多用したソフトな楽曲は見当たりません。なので
前作「Mr.Moonlight」ともかなり作風は違います。またそういった曲は Kelly
には合わないでしょう。全体を通じて初期のハードロック路線をそのまま継承
している印象です。初期が好きなファン層からは間違いなく歓迎される作品です。
(ちなみに同梱のリミックスも初期の曲が多い)

全体的にストレートなハードロックが多い中、今作から新らしくもたらされた
魅力は、 "When It Comes To Love" をはじめとした、
初期の延長線にありながらも、メロディアスな佳曲群です。Lou Gramm
でもそれなりの仕上がりにはなったかもしれませんが、Kelly なしではありえない
曲です。全体を通じて彼の貢献はとても大きいです。

惰性でなく、バンド全体(特にミック)に情熱が戻ったからこのような作品が
仕上がったのではないでしょうか(と推測)

今ググると久々に全米 TOP 40 に入ったようですね。
意外でしたが、正当な評価でしょう。
名前:   

Facebook


ページトップへ
レビューを書く

Advertising


メタルポート MENU

Copyright (C) Metalport All Rights Reserved.